カードローンの返済が遅れそうなとき、どうすれば良いのか?

カードローンの返済が遅れそうになった場合、そのまま、放置する事だけは絶対に避けてください。そのまま放置してしまうと早ければ翌日から督促の連絡がきます。もちろん、連絡が付くまで、カードローン会社からの連絡が終わる事はありません。

そして、返済日翌日から「遅延損害金」という延滞料が発生します。これは、法定上限の20%近い利率が設定されている事が多く、かなり大きな負担となります。その上で、それでも返済が行われない場合は、信用情報に傷が付く事になり、今後、カードローンを利用する際に不利になってしまいます。そう言った事を防ぐためにも、必ず返済が遅れそうなときは、カードローン会社に連絡を取る事をお勧めします。

「連絡を取っただけで、何とかなるの?」と思われるかも知れませんが、連絡を入れるのと入れないのとでは大きな差が生じてきます。事前連絡を行う事で返済日を延長してくれるところが多く、その結果、督促の電話などを受けずに済ませる事が可能となります。

また、連絡は電話だけではなく、自動契約機、インターネットなどから受け付けられている為、無理だと思った際は、早めに連絡を入れておくと良いかと思います。それだけ、返済日に間に合わない返済へのトラブルを回避させる事が可能になっています。

このページの先頭へ