キャッシングで金利よりも大切な要素とは?

キャッシングを選ぶ際に大切なのは金利だと考えている人も多いと思いますが、これは決して間違いではありません。当然のことながら、金利は少しでも低いに越したことはありません。ですが、そのキャッシングを最初の一度だけでなく、継続して利用していこうと考えている場合、それよりも大切な要素があります。

それは、そのキャッシングの利便性です。例えばカードの発行がないキャッシングでは、借り入れは銀行口座を通さないと行えません。平日でないと借り入れが行えないことと、立ち寄ったコンビニで買い物ついでにキャッシングという訳にもいかないので、どうしても利便性が劣ってしまいます。

各種のコンビニのATMが利用できるキャッシングは、それだけで一定の利便性が確保されていると言っていいでしょう。しかし、中には特定のコンビニだけに限られている場合や、カードで借り入れは行えても返済は行えないようなキャッシングもあるので、こういった点については申込みの前に詳しく確認しておくことをおすすめします。

そして、意外に馬鹿にならないのがATMを利用した際の手数料です。キャッシングによってこれが無料なATMが違うので、自分がよく立ち寄るコンビニなどのATMが無料で利用できるかどうかも大切な要素だと言っていいでしょう。

多少金利が高いとしても、これが無料のキャッシングを利用した方が逆にお得なことも少なくありません。手数料が掛かるATMでは、1万円を超える引き出しに対して1回につき216円が掛かってしまいますが、これは年利18%で3万円を2週間借りた場合の金利に相当する金額です。

このように、金利だけでキャッシングを選んでしまうと、後でもっと便利な違う方にすればよかったと思ってしまうことがあります。キャッシングの申込みの前には、特にカードの使い方についてはよく調べておきましょう。

関連記事

このページの先頭へ